嵯峨嵐山文華館

ニュースNews

「落柿舎」との相互割引について

「芭蕉と蕪村と若冲」展の期間中、近隣にある松尾芭蕉ゆかりの地「落柿舎」と提携し、相互割引を提供いたします。

企画展
「芭蕉と蕪村と若冲」展の主役の一人である松尾芭蕉は、嵯峨嵐山を三回訪れています。その際に滞在したのが、門人である向井去来の庵「落柿舎」でした。特に、元禄4年(1691)には半月ほど滞在し、『嵯峨日記』を記しました。

展覧会の期間中、嵯峨嵐山文華館の入館券を「落柿舎」の受付にてご提示いただくと、団体料金が適用されます。また、「落柿舎」の入館券を当館の受付にてご提示いただければ、当日券を団体料金(大人800円 高校生400円 小中学生250円 障がい者手帳をお持ちの方と介添人1名まで 400円)で購入することが可能です。

※福田美術館との二館共通券をお求めの方、他の提携割引をご利用の方は対象外となります。

芭蕉の足跡を辿れる場所「落柿舎」を、ぜひこの機会に訪れてみてください。